必殺!!誕生日コメント作戦(仮)

サイトを認知してもらうためには

サイトを、いろんな人たちに知ってもらうための手段はいろいろとあります。例えば、検索エンジンで上位表示される、ディレクトリ型に登録される、いろんな掲示板に書き込みに行く(効果は薄い?)、など方法は多種多様にありますよね。
実際に、個人サイトがサイトを認知してもらえるようにするためには、相互リンクかもしくは、善意の紹介リンクなどが一般的ですね。善意の紹介リンクの場合は、サイト内容が充実してなければ、まず間違いなく紹介はされません(きっぱり)。
その中で、今回発表する「必殺!!誕生日コメント(仮)」は、意外と効果アリかもしれませんよ。(ネーミングセンスはないですが(笑))
ちなみに、私の誕生日は4月20日です(爆)。

必殺!!誕生日コメント作戦(仮)の全容

サイト運営者にとって、誕生日って覚えてもらってることってあんまり少ない気がします。たまに、誕生日のお祝いコメントをもらってるブログとかを見かけますが、その場合は運営者が自ら、「本日は私の誕生日で○○歳になりました、トホホホ....」、ってな具合に告白している場合が多いですね。
私も2005年4月20日の日記でこのページを作成のために、誰か覚えているかもと淡い期待を胸に隠して、意味ありげな日記を書いてみました。
結果は.......あはははっははははh、乾いた笑いしかでてきませんでしたね。

まぁ〜、覚えてるような人はいるわけもないんですよね。ちと(かなり?)、残念っす。

んで、気づきました。サイト運営者が告白する前にコメントorメールにて、お祝いをするとお祝いされたサイト運営者は、どんな気持ちになるんでしょうか?

かなりの確率で、コメントなどアクションを起こしてくれた人を覚えていただけたりするんじゃなかろうか?

普段だと相手にしてもらえなさそうなサイト運営者に、覚えていただければ、相互リンクしていただけたり、アドバイスをもらえたりといろいろと交流の糸口が見つかるかもしれません。
私のサイトだと、普通の時でもコメントしていただけるだけでも嬉いっす(建前?or本音?)。

あくまで推測ですので。

今回は試したことがないので、絶対とは言い切れませんのであしからず。なんとなく、私の場合だったら、自分で誕生日を宣言する前にコメントなりメールなりアクションをしてくれた人のことは、忘れないんですよね。
ちなみに、ここのサイトが開設されて一周年記念をメールで祝ってくれた暮らし考えようねっとの管理人honey*様のことは、多分一生忘れない気がします。
だって、唯一メールで祝ってくれた方でしたから。あの頃は、日記はブログではなく、掲示板も設置していない状態で、メールのみが交流できるツールでしたから。しかも、アクセス数なんか、ひどい有様でしたぁ〜(懐)
あれだけ、サイト内で「祝★開設一周年」と騒いでいても反応なかったときにもらえたメールはうれしくないはずがありませんよね(笑)。
今回の「必殺!!誕生日コメント作戦」は、この経験からの推測ですから多分としか言い切れません。

蛇足

このネタを書いてしまったため、今回の「必殺!!誕生日コメント作戦」は、決行できずに終わります。もし、このページがなくなってる場合は、作戦を遂行していると考えてください(爆)。
繰り返しますが、私の誕生日は4月20日です(爆)。来年の4月20日を楽しみに待っとります(笑)
う〜ん、ここまでしないとサイトが認知されないの?と感じられた人もいらっしゃると思いますが、今回は冗談半分で書いてるネタですので、安心してください(笑)。
それと、作戦を遂行される方はあくまでもさりげなく行ってくださいね。
がしかし、自サイト内がしょぼかったら、意味ないのでまずは自サイトを育てることに注力してください。
ってか、自サイトが充実していれば自然とサイトの認知&人気も上がってくるものですよ。

意味ないじゃん(爆)


このページの先頭へかっとぶ
次のページ 第13章 儲からないサイト
副収入っすのトップページへ戻る

CopyRight(C) 2004-副収入っす