テキストマッチ 素人使えるSEO(検索エンジン最適化)テクニック

SEO(検索エンジン最適化)

SEOの詳細はSEOについてで書いてますのでそちらを参照してちょ。
んで、ここでは個人でも使えるSEOテクニックを簡単に説明していきます。SEOというよりもHP作成においての基本的なことかもね。ホントは私の備忘録帳です。
んじゃ、個人が使えるSEOテクニックを下記に書いていきますので参考にしてね。まずは、テキストマッチに関するSEOから書いていきます。

タイトルタグ 個人が使えるSEOテクニック

テキストマッチで検索エンジンが最重要視している場所はタイトルです。HTMLでいえば
<title>ここの文章が最重要視されます</title>
このタイトルタグの間に検索して欲しいキーワードを埋め込みましょう。がしかし、キーワードは多ければいいというものではなく、単語が多ければ多いほど単語に与えられるテキストマッチ度のポイントは少なくなります。それと、検索結果に表示されるリンク部分のテキスト文字はタイトルタグ内の文となりますのであまりへんてこな文にならないようにしましょう。
ともかく、このタイトルタグはものすごく重要な部分ですので必ず記入するようにしてください。ここに記入するだけで検索結果の1ページ目に表示されちゃうこともありますよ。ただし、かなりのマニアックな検索語に限りますがね。

メタタグ 個人が使えるSEOテクニック

次はメタタグの記述です。昔は有効だったんだけどスパマーに悪用されて意味のないタグに成り下がってしまってますが、最近わずかですが有効性もあるような噂が出てきてますので念のために記述しときましょう。HTMLでいえば、
<meta name="description" content="ページ内容の紹介文を記述">
<meta name="keywords" content="キーワードを記述">
この2つぐらいをhead内に記述しとけば十分でしょう。使い方の注意として"keywords"は1単語づつ半角カンマで区切りながら使います。
<meta name="keywords" content="キーワード,副収入,アフィリエイト,SEO,上位表示">
こんな感じです。それと、紹介文の長さは50〜100文字ぐらい、長すぎるとスパム認定を食らうかも?キーワードは5,6個ぐらいにしときましょう。

キーワード出現率 個人が使えるSEOテクニック

お次はキーワード出現率。キーワード出現率とはページ内のキーワードの濃さです。多すぎず、少なすぎずで大体5%ぐらいがいいといわれてます。多分10%を超えると危険ですのでやめときましょう。でも正確な数値は誰も知りません。一説によると論文などのキーワード出現率がだいたい5%ぐらいだからといわれてます。でもこのSEOテクニックはあんまり使えないのでトップページぐらいであとの個別ページは出現率なんか気にせず、あなたの書きたいように書いた方がアフィリエイトの報酬は獲得しやすいっす。それと、総単語数が少なければ出現率が以上に高くても構わないという説もありますよ。
キーワード出現率を個人で調べるには無理がありますのでキーワード出現頻度解析という便利なツールがありますのでもし出現率を知りたい思うなら使っちゃいましょう。

キーワードの近接度と位置 個人が使えるSEOテクニック

次はキーワードの位置に関するSEOテクニックっすけど、あんまり使えないよ。
まず、検索エンジンはbodyタグに近ければ近いほど重要な語句と考えてます。例えば
本日も晴天なり。
ですが、明日は雨のもよう
でも、てるてる坊主をつるしておけば
晴れまっせ。
という文と
てるてる坊主をつるしておけば
明日の雨の予報は
本日の晴天のように
晴れまっせ。
の文では前者の方が「晴天」の検索単語ではポイントは高いが「てるてる坊主」という検索単語だと後者の方がポイントは高いといわれています(かなり簡単に書いてます)。でも、これって使いずらかったりします。それにあんまり有効性も感じられないっす。これよりもキーワード出現率を考えよう。んで、これが使えるのがtitleタグ内です。タイトルタグ内は短い文ですので操作しやすいです。ですから、タイトルタグ内のキーワードはなるべく左側に書くように心がけましょう。ページ内の文章は一切気にせずあなたの言葉でかたっとけばいいっす。
んで、キーワードの近接度も同じようなものです。複数検索語がある場合、その検索語がどのくらい近くにあるかで重要度が変わってきます。例えば、
前の文だと「てるてる坊主」と「晴れ」という検索だと前者の方が他の要素がすべて同じだと上位に表示されやすいです。まっ、これもあんまり有効性はないんですがね。ただタイトルタグ内で使えるテクニックとして覚えておきましょう程度ですね。

タグのいろいろ 個人が使えるSEOテクニック

んで次は、各種タグで強調されたキーワードを検索エンジンは重要な言葉としてとらえているとされてます。代表的なのがh1タグの見出しタグです。これが文中の中では一番重要視されてるみたいです。見出しタグについてh2,h3とだんだんと重要度は下がっていくみたいです。あとは、strongタグとはbタグとかで強調されてる言葉も他の言葉よりかは重要視されるみたいです。でもね、あんまり実感ないっす、一応見出しタグでキーワードを括るようにはしてますが効果のほどはそれほど感じてませんので気休め程度と考えていいんじゃないっすか。ともかくタグで括っとけば他の言葉よりかは若干ポイントが高いと覚えといてください。でもh1の使いすぎはスパムグレーゾーンですので気をつけましょう。

alt属性 個人が使えるSEOテクニック

ついでに画像を使ったときはalt属性を追加しましょう。使い方はimgタグ内にalt="キーワードの画像"という感じでキーワードをうめこんじゃいなさい。最近はあまり有効ではなくなったので、おまじない程度として埋め込みましょう。ただしキーワードを埋め込みすぎるとスパム認定くらいますのであしからず。


ふぅ〜、テキストマッチに関してこんなもんでしょう。要約するとタイトルタグにキーワードをぶち込んで、キーワードの出現率を他の言葉より多くだして尚且つ10〜5%ぐらいの出現率にしといて、見た目がくずれないなら見出しタグや強調タグでキーワードを括っときましょうってことです。
んでもって、お次はリンクに関するSEOテクニックですが、その前にテキストマッチに関することで、苦言をいうときます。ぶっちゃげ個人でSEOを駆使する時代は終わりかけてます。今は企業がSEOを研究&販売をしている時代になってきていますので生半可な努力では人気キーワードで上位表示されるのは厳しくなっています。ですから、なるべくマニアックなキーワードで個別ページが上位表示されるような工夫をしましょう。んで少数アクセスをかき集めるのがある意味個人としてはいいなじゃなかろうか。がしかし、個別ページで少数アクセスをかき集めるにはそれなりのページ数も必要になりますし、全部にSEOテクニックを施すのもめんどいと考えてる方は、作成されてるテンプレートを使ってみるのはどうですか?ある程度までのSEOも施されていますし、デザイン的にも優れていますので、今からアフィリエイト&SEOをはじめられる方にはちょうどいいと思いますよ。
SEOが施されていてデザインも優れているテンプレートを提供している。
アフィプレート (約100のテンプレートと1000の素材集)
実績に裏打ちされたwebページパターンテンプレートが手に入ります。っていうかここは手に入れとけ!!毎週会員に向けて重要なアドバイス付きのメルマガが配信されますよ。私も毎度お世話になってます。
決定版!60日で成果の出せるWebページ作成講座
詳細は上記リンクに任せますが私は次に作成するサイトはアフィプレートで作成しようと思います。ここのサイトはネタ作りのためにも全部自分で作成していますが、今後作成するのはなるべく手間のかからない方法でやりたいので。本当はデザイン的な問題があったりします。デザインは無用と思っていますが、それでも訪問者に優しく尚且つカッコいいサイトってもちたいじゃないっすかぁ〜(笑)、しかもSEOを施されてるならなおいいでしょう。
こういうテンプレートを購入するのに抵抗があるとは思いますが、ぶっちゃげ時間を節約したいので私は購入を検討してます。まぁ〜、ここのサイトはまだまだなのに新しいサイトを立ち上げるのもどうかと思いますが、新しいテーマのサイトを作成したいという欲求が日増しに強くなってきている今日この頃です。
んじゃ、リンクに関するSEOテクニックにいきます。


次のページ リンク 素人が出来るSEO
このページの先頭へかっとぶ
副収入っすのトップページへ戻る

CopyRight(C) 2004-副収入っす