B型肝炎

B型肝炎と性感染症

<PR>性病に関するサイト 予防!性病検査室 <PR>

B型肝炎とは、B型肝炎ウィルス・HBVに感染して起こる肝臓の病気です。成人してからB型肝炎ウィルスに感染すると、急性肝炎として症状を表しますが、2,3ヶ月安静にすると自己治癒で症状が改善していきます。
肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ少しぐらいの肝臓の変化があっても自覚症状を表に表さない場合があります。
B型肝炎の症状
潜伏期間は、1ヶ月〜6ヶ月ぐらいで症状を表してきます。症状として、全身の倦怠感、食欲不振、黄疸の出現、白目の部分が黄色っぽくなる、赤っぽい排尿がでるなどの症状がでてきます。他に肝臓の腫大、背中に痛みが伴うこともまれにあります。
B型肝炎ウィルスに感染しても上記症状をださない、もしくは軽微な症状しか出さずに自然と完治する場合もみられます。
感染経路
性的接触、母子感染、輸血、注射の回し打ち、等から感染します。ですが、近年では献血時の検査が厳重化されていますので輸血での感染はみられなくなっています。B型肝炎は自覚症状を表さない場合もあり、本人に自覚が無くても精液や分泌液にウィルスが混入しているケースがあります。
予防
性的接触での感染を防ぐためには、コンドームが有効です。

性感染症一覧

CopyRight(C) 2004-副収入っす