C型肝炎

C型肝炎と性感染症

<PR>性病に関するサイト 予防!性病検査室 <PR>

C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス(HCV))の感染によって起こる肝臓の病気です。 肝炎になると、肝臓の細胞が壊れて、肝臓の働きが悪くなります。C型肝炎ウイルスに感染しても、急速に肝臓が炎症をおこさずに、ゆっくりと症状が進行していきます。自然治癒することもありますが、高確率で慢性肝炎に発展していきます。
C型肝炎の症状
多くの場合は、自覚症状がほとんどありません。あっても、だるい、食欲がない、尿の色が濃いなどです。肝臓は沈黙の臓器といわれていますので、重体になるまでは自覚症状をださない場合が多々あります。
感染経路
性行為によっての感染は少なく、主に輸血による感染が主感染源でしたが、最近では献血時に検査を行うようになって、輸血による感染は少なくなっています。最近の主な感染経路は、薬物の注射の回しうちで感染することが多くなっています。他にも、母子感染、C型肝炎ウイルス保有者が使用したピアスやかみそりなどからも感染する場合があります。
C型肝炎の予防策は
C型肝炎の感染経路は血液が原因ですので、万が一血液が付着したものを扱う場合はよく消毒をすることです。性病での感染はまれですが、アナルセックス、生理中の性行為時による血液と粘膜の接触による感染があります。それを防ぐためと他の性病に感染しないためにもコンドームを使用すれば予防できます。

性感染症一覧へ

CopyRight(C) 2004-副収入っす