ガンジタ

ガンジタと性感染症

<PR>性病に関するサイト 予防!性病検査室 <PR>

ガンジタとは、真菌というカビの一種のガンジタ菌が異常増殖して発症する炎症のことです。ガンジタといっても、普通に生活していても体のあちらこちらに真菌は接触しており、常人でもガンジタ菌を保有している場合があります。ガンジタ菌を保有していても、必ず発症するという訳でもありません。免疫力の低下や抗生物質を服用した後など体調に変化があるときにガンジタ菌が異常繁殖してガンジタ症を発症します。特に女性の発症者が多く、男性はあまり発症までには至らないケースが見られます。
ガンジタ症の症状
ガンジタ症の症状は、女性の場合、ヨーグルト状の白いおりものがでる、性器部にひりひりとする掻痒感などといった分かりやすい症状を出しますが、男性の場合は症状が表れるのは少ないといわれています。男性では、性器部に水疱やただれができたり、まれに尿道炎を起します。
感染経路
日常生活を普通に送っていても、ガンジタ菌は常在菌として体内にいます。それが体調の悪化による免疫力の低下でガンジタ菌が異常増殖をして、ガンジタ症を発生させることが多く、自己感染のケースが多くみられます。ガンジタを発症していた状態での性的接触を取った場合にパートナーに感染してしまう危険性があります。それと、男性から女性への感染は少ないです。他としては母子感染が上げられます。
予防法
ガンジタ菌を保有していても、体調の変化に気をつければ発症することも少ないですが、何度も再発する場合は、糖尿病などの免疫が低下する別の病気にかかってるケースがあります。
性的接触による感染にはコンドームが有効です。

性感染症一覧

CopyRight(C) 2004-副収入っす