尖圭コンジローム

尖圭コンジロームと性感染症

<PR>性病に関するサイト 予防!性病検査室 <PR>

尖圭コンジロームとは、ヒトパピローマウイルス(HPV)が感染して起こる性病です。ヒトパピローマウィルスは約90種類に分類され、尖圭コンジロームの症状を表すのは、6型と11型です。
尖圭コンジロームの症状は
潜伏期間が3週間〜8ヶ月と比較的長い潜伏期間ののち性器部分にイボを発症させます。イボの形は主に「鶏のトサカのようなイボ」、「乳頭状」、と表現される形で、大きさは大小様々なため人によって形状がかわります。性器部分以外では肛門付近にイボを形成することがあります。それと、症状が進行しても性器部分、肛門内外までで、全身にイボが転移することはありません。
尖圭コンジロームは性器や肛門付近にイボを形成する以外の自覚症状がなく、たまに悪化をして炎症を起こした場合に痛みやかゆみを起こすときもあります。
感染経路
主な感染経路は、性的接触です。他は、母子感染がありますが、帝王切開での出産で感染は防げます。
尖圭コンジロームの予防
コンドームの使用で感染は予防できますが、イボの広がり具合によって完全に予防できるわけでもありません。

性感染症一覧

CopyRight(C) 2004-副収入っす