クラミジア

クラミジアと性感染症

<PR>クラミジアに関するサイト クラミジア検査室 <PR>

クラミジアとは日本で感染者が最も多い性病で、クラミジアという細菌によって起こされる病気です。昔は目の病気として知られていましたが近年では目に感染することはみられなくなっています。
クラミジアの症状は、
ほとんどの場合、無症状で感染していることに本人すら気づかない場合が多いです。女性の感染者の7割、男性の感染者の5割が自覚症状がないそうです。
自覚症状がでた場合の症状は、
男性の場合は、感染してから、大体1〜4週間で症状が現れて、尿道が赤くなり軽い炎症を起こします。また、排尿時に軽く痛みを感じるときもあります。治療をせずに放置をしておくと、睾丸が膨れ上がる副睾丸炎や前立腺が炎症を起こす慢性前立腺炎になったりします。
女性の場合は、感染してから大体1〜4週間で症状がでますが、症状が表れるのは極めてまれで、症状がでたとしてもクラミジアが原因だと特定するのが難しい場合があります。症状としては、おりものが増えたり、下腹部痛、排尿時に痛みが伴ったりします。治療を受けずに放置すれば、子宮や卵管などに炎症が起こり、不妊症、腹膜炎などになります。
また、感染したまま妊娠すると流産や早産の可能性が高くなったり、母子感染をして新生児に悪影響を及ぼします。
感染経路は、
昔は目のトラコーマと呼ばれるほど目の粘膜に感染することが多かったクラミジアですが、近年では日常生活の改善により目の感染は見られなくなりましたが、性行為による感染が流行しています。感染する部位は、性器、目、口などの粘膜に感染します。
クラミジア予防対策は、
性行為時、コンドームを終始着用すれば感染は防げます。近年では一般的になったオーラルセックスでも感染しますのでなるべく避けるようにしましょう。
さらに、最近の調査結果からクラミジアに感染していると、感染していない非感染者よりもエイズに感染しやすいという調査結果もでています。

性感染症一覧

CopyRight(C) 2004-副収入っす