株式用語辞典。親引け 終値 大手証券 オイルショックの説明。

親引け 終値 大手証券 オイルショック

株式用語辞典

当サイトにハクをつけるために株などの金融に関する用語集を作ってみました。あくまで、ここのサイトを運営している人ってかなり物知りなんだねと思わせるために書いていますので、この用語を知っていても、儲かるというわけではありませんのであしからず。
目次

親引け 終値 大手証券 オイルショック

親引け

上場する会社が、公開株の一部を事前に関係先に譲渡する株。関係者が大きい利益を受けるので、制限有。公募株を特定先にはめ込むこともいう。
新規上場株を手にするだけで一日で2倍以上の値上がり益を手に出来るときがあるけどまじでうらやましなぁ〜。一度も公募に受からないのはなんででしょ。

終値

大引けで、もしくはその日の商いの出来た最後の値が終値で、引け値ということが多い。

大手証券

野村、大和、日興の各証券会社三社を指す。
昔は山一もお仲間だったがつぶれちゃったんどよね、それと私はこの大手三社とお付き合いする気は全くありません、ぶっちゃけオンライン証券で十分でしょう。

オイルショック

昭和48年10月に、アラブ産油国の段階的な原油の減産、価格の引き上げの発表で低価格の石油エネルギーに支えられてきた日本の高度成長経済がピリオドを打ったこと。

このページの先頭へかっとぶ
株式用語辞典の目次へいく
在宅ワークで副収入を持とうのトップページへ戻る