在宅で出来る内職お小遣い稼ぎをするならネット銀行(インターネットバンク)に口座開設をしてるのは当たり前

在宅ワークのためにインターネット銀行に口座を開こう

いまさらながらインターネットバンク(ネット銀行)に口座を持っていない人は、いないと思います。もうネット銀行が、誕生してから約4年(2004/12現在)ぐらい経ちますから。いままで散々いろんなメディアでネット銀行の利便性を宣伝されてきましたので、ここで紹介する必要もないかと思いますが、念のために書いときますね。(偉そうに言ってる私が口座を作ったのは2004年の初めぐらいでした。)
ネットバンキングの利便性で一番の特徴はWebで振込みや口座情報を簡単に操作できる点がもっとも強調されてます。いちいちお昼休みに列をなして、ATMの前に並ばなくても家でのんびりと公共料金の振込みなどが出来ちゃいます。
そのほかにも、振り込み手数料の安さ等、今までの銀行に比べてはるかに安上がりになります。
とま〜、ここでネット銀行の利便さなんか講釈たれても意味ないので、簡単な説明で終わっときます。
それで、ネットでお小遣いを稼いでると分かるんですが、換金できるようになったときに銀行へ振り込んでもらう場合の振込み手数料って自己負担なところがほとんどです。その手数料が結構な額になります。ただでっさえ数百円か〜数千円の小額なお金を何度も振り込むようになりますので、振込み手数料で半分持っていかれたら、誰のために毎日クリックしているのかわかんなくなっちゃいます。
そこで、ご登場願うのがネット銀行です。大概のお小遣いサイトは「イーバンク」か「ジャパンネット銀行」に対応していますので手数料を安く上げるためには、必ず口座を開いていたほうがいいですよ。
お小遣いサイトの手数料に関しての注意点として、郵便局の方が有利なときもありますのでそのときは郵便局のほうへ振り込めるようにしてたほうがいいです。ネットでお小遣いを稼ぐ場合は振り込み手数料をいかに安く上げるかが後々大きな差となっていきます。
イーバンクの口座開設手順は
下記リンクをクリックして口座開設申し込みのリンクから、住所などの必要事項を記入していただければ、郵送にて口座開設用の書面が送られてきますので、後は書面に必要なことを書いて身分証明書をつけて、送り返せば後日に封筒がまたやってきますのでその中身に書かれてあるようにログインしてパスワードを設定すれば口座開設は完了します。
イーバンク銀行への口座開設はこちらのリンクよりできます。めんどくさいことはさっさとやってしまいましょう。
ジャパンネット銀行の口座開設手順は
イーバンクと同じで下記リンクより口座開設のリンク申し込みより個人情報を記入して、郵送にて口座開設用の書面が送られてきますので、後は書面に必要なことを書いて身分証明書つけて、送り返せば後日に封筒がまたやってきますのでその中身に書かれてあるようにログインしてパスワードを設定すれば口座開設は完了します。
ジャパンネット銀行への口座開設はこちらのリンクより出来ます。書くのは簡単だけどいざ口座開設をしようとすると面倒になってくるんですよね。

ネット銀行だと上記二つがお小遣いサイトに一番対応している数が多いので口座開設を薦めますけど、換金できるぐらい貯まってからでも別に構わないと思います。たださっさと作っていた方が小額でも換金できる楽しみがありますよ。

ここの先頭へかっとぶ
副収入っすのトップページへ戻る

CopyRight(C) 2004-副収入っす